おすすめサイト

独学か通信講座か通学講座か

ちょっと強引な話しをすれば、行政書士に合格したいのなら、迷わず通信講座か通学講座を受講してください。 独学だと合格するまでに時間がかかりすぎます。
一概に言えませんが、知識0の方が独学で勉強して、2・3年で合格できれば良いほうです。 それ以上かかる可能性の方が高いかもしれません。行政書士とはそういった試験です。

あくまでも資格試験は短期合格を目指すべきです。
独学で何年も合格できなくて無駄な時間を使うのなら、通信講座や通学講座を受講して 早めに合格し、その分、行政書士として軌道に乗せるための、集客方法や情報収集の時間に使ったほうが短期間で成功できる可能性が高まります。

しかし、通信講座や通学講座なら何でも良いというわけではありません。
きちんとした学校を選ばなければ、独学とほとんど変わらない勉強になります。
中には本当に合格させる気があるのかというくらいのところもあり、 ある大手通信講座でも、講義メディアをつけずにテキストと問題集だけで勉強させようとします。

通信講座にせよ、通学講座にせよ、学校選びで合否が決まるといっても良いくらいなので、 インターネットの信憑性のない情報にまどわされることなく、しっかりとした学校を選んで下さい。

では、通信講座と通学講座の選ぶポイントについて紹介してきます。

通信講座は、できるだけ通信講座専門校を選んで下さい。
何故なら、通学講座でも通信をやっている学校が多いのですが、それだと受講料が高すぎる上、通信という形で合格させるノウハウがないからです。

次のポイントは、DVD講義が付いていることです。
講師と目線を合わせながら勉強すれば、法律を深く理解でき、視覚効果も期待できるので 記憶の効果を高めることが出来ます。
その他には、質問受付やインターネットの学習システムなどのアフターフォロー、 フルカラーで図表化されたわかりやすいテキストがあれば良いと思います。

通学講座に関して言えば、無料体験講座を受講して、講師との愛称、どういった勉強をするのか カリキュラムを確認してください。
評判や口コミなどに惑わされることなく、自分の目の確かめることです。

以上が、通信講座と通学講座の選ぶポイントです。
ちなみに私はフォーサイトという通信講座を受講して1発合格しましたが、 そこは、ハイビジョン撮影した講義やフルカラーでわかりやすいテキストなど付いて、 受講料が安かった記憶があります。
他の教材は使わず、フォーサイトのみ合格できました。
詳しくはこちら→フォーサイト