おすすめサイト

行政書士試験の攻略法とは?

行政書士の試験科目から試験攻略法を考えていきます。
出題例
■法令科目(出題数46題・全244点)
憲法(28点)、行政法(112点)、民法(76点)、商法(20点)、基礎法学(8点)
■一般知識(出題数14題・全56点)
政治・経済・社会(24点) 情報通信・個人情報保護(20点)、文章理解(12点)
合格基準(全300点中、合格点180点)
法令等科目の得点は、満点の50%以上である。
一般知識等科目の得点は、満点の40%以上である。
総得点が、満点の60%以上である。

これが、試験科目と合格基準です。 まず見て頂きたいのが、法令科目と一般知識の赤文字です。 これは、特に重要な科目という意味です。

法令科目で言えば、行政法と民法の科目数が圧倒的に多く、この2科目を攻略すれば、 法令科目の合格基準に達し、しかも満点を取れれば全体の合格点に達します。
そして、一般知識は、全56点になり、とても重要だということがわかると思います。 つまり、行政書士に合格するには、行政法と民法、一般知識を外すことは出来ないということです。
逆にこの3つさえ攻略できれば、行政書士に合格できるので、重点的に勉強しなければいけないということなのです。

それでは、今回は行政法と民法の攻略法を簡単に解説してきます。

まず行政法ですが、この科目は配点を見てわかるとおり一番重要になります。
攻略法は、基本的に条文の精読と過去問演習です。 これの2つをひたすら繰り返せば行政法は攻略できると思います。

次は、民法ですが、条文、判例とも膨大な数で、まともに勉強すれば司法試験並みの量です。 もちろん行政書士の場合は、範囲は限定されますが、それでも勉強量はとてつもなくあります。
その上、体系的に知識を習得しなければ解けない問題もありますので、ポイントを抑える必要があります。

まずは、過去問で今まで出題傾向を分析し、そこを重点的に勉強することです。 あれもこれも手をつけないで、確実に解ける問題を増やすのです。
満点は難しいので、7~8割出来れば十分だと思います。
尚、詳しい詳細はお持ちのテキストを参照して下さい。

このページの最後に一つだけ付け加えると、勘違いしないでほしいのは、 その他の科目は捨てても良いというわけではありません。 あくまでも各科目に使う勉強時間の割合だということです。