おすすめサイト

行政書士の年収はいくらくらいなのか?

行政書士の魅力の一つに上げられるのが、高い年収を稼げるという点です。
やはり、どんなに仕事を頑張って結果を出したとしても、それに見合うだけの年収を得ることが出来なければ、モチベーションが上がりません。

例え、お金はいらないからやりがいのある仕事をしたいとしても、年収200~300万円くらい 額が一生続くとすれば、その仕事を続けることが出来ないはずです。
現に不況の影響で、中々年収が増えず、もがいている人がたくさんいることを私は知っています。
たぶん、このサイトを見ているあなたも仕事に見合うだけの収入を得たいと考えているのではないでしょうか?

では、いったい行政書士になればいくらくらい年収を稼ぐことが出来るのか?
結論から申し上げて、行政書士の正確な平均年収はわからないといったところです。
何故なら、国として正確なデーターを取ったことはないので、その実態はつかめません。

とはいうものの、各メディアではそれぞれ独自のアンケートを取っていて、 そうしたデーターなら公表されています。
そこでは、500万円台、600万円台という数字が発表されています。

これは個人的な感覚ですが、私の知り合いの行政書士の話を総合すれば平均600万円台くらいといったところです。

ただし、これらの数字は自己申告制ですので、本当のところはわかりません。
それにあくまでも平均ですので、その実態は上と下の開きが大きいのが現状だと思います。

行政書士の世界では、稼いでいる人は本当に稼いでいて、年収1千万や2千万円はざらですし、 ある有名な行政書士なら億単位稼いでいると聞きます。
その一方で、全体の半分以上は、500万円台に届いていないというアンケート結果もあるくらいです。
もちろん年収にひらきが出る背景には、きちんとした理由があります。
それは、行政書士の試験に合格して行政書士登録したとしても、実際は仕事をしていない人が多いのです。
そのような人が多ければ必然的に稼いでいない行政書士も多くなります。

良く昔から言われていることは、らくして稼げる商売はない、そんなうまい話はないといわれ、 確かにその通りです。
行政書士になったからといって簡単に稼げることはありません。

しかし、一つだけいえることは、他の資格よりも行政書士は稼ぎやすいと言うことです。現に私の知り合いでも28歳の若さで1000千万円稼いでいる人はいますし、 40歳のベテラン行政書士なら、2000千万円以上稼いでいます。

こらから行政書士を目指す方に言いたいことは、工夫と努力次第で行政書士は稼げます。 これは大げさでもなく、うまい話でもありません。 現実です。 そうした魅力はあると思います。