おすすめサイト

行政書士の求人事情

<勤務行政書士の収入は?>


行政書士の資格を取ったら、多くの人が独立開業を目指しますが、求人もないわけではありません。
ただ、給与は一般の企業に比べると安いです。

もちろん、経験などによって手当がつくなど、多少は増えることもありますが、新人であればあまり期待はできません
だいたい、月給18万円くらいが普通で、高いと25万円くらいになることもあります。
中には、15万円なんていう求人もあります。
月給18万円じゃ、家族を養っていけないですよね。

それでも、開業して売り上げが0円よりはましと考えて勤務行政書士を選ぶ人もいます。
また、まったくの未経験で開業するよりは、どこかの事務所で修業を積んでからと考える人もいるでしょう。



<経験のためと割り切るのもアリ>


しかし、東京などの大都市圏でも求人は多いとは言えません。
もともと、行政書士は一人事務所が多数で、法人数もあまり多くないからです。
そのため、タイミング良く求人が見つかるとは限らないのも問題です。

また、自分が専門にしたいと思っている仕事を扱っている事務所で求人があるとも限らないので、実際のところ求人は狭き門だと思った方が良いでしょう

運よく行政書士事務所に就職出来たら、そこでしっかり仕事の仕方を覚えること
そして、将来の独立を見据えて、仕事の取り方も学ぶこと

仕事の取り方なんて、所長や先輩が教えてくれるわけじゃないので、どんな広告を打っているか、打ち合わせではどんな話をするか、他士業との人脈をどう作っているかなど、日ごろから意識して観察することが大切です。

最後に、行政書士の求人を探すなら、ハローワークに行くといくつか見つかると思います
士業の人材紹介を専門にしているプロキャリアなどの人材派遣会社に登録するのも良いでしょう。

コツコツ探さないと、なかなかこれといった求人には出会えないので、働きたいと思ったら早め早めに行動を起こすのがお奨めです。