おすすめサイト

行政書士は、独立開業型して生活していけるか?

ご存知の方も多いように行政書士は独立開業型の資格です。
中には行政書士事務所に就職する人もいますが、最終的には独立して自分の看板を立ち上げるのがこの資格の特徴です。

しかし、独立するとなると不安が大きくなる人も多いと思います。
会社員時代の毎月決まった収入を捨て、家族を養っていかなくてはいけないのですから、 厳しい言い方をすれば先が見えません。
でも、実際にはそれでうまく行っている人もたくさんいますし、家族を養っている人もたくさんいます。

確かに独立というのは常にリスクを伴いながら仕事をすることになります。
ですが、普通の会社員だってそれは同じではないでしょうか?
このご時勢では、上場企業に働いているからといって安泰ではありません。 いつ、会社が倒産するかも知れませんし、リストラにあうことも考えられます。
それに人間関係がうまくいかず、会社を辞める状況に追い込まれる可能性だってあります。 中小零細企業だったら、なお更、多くの不安を抱えなくてはいけません。

ですから、リスクがまったくない仕事は、今の世界ではないですし、逆に安定ばかり求めている人は 会社側は魅力を感じないので、採用すらしないはずです。

行政書士として独立した場合を考えれば、どうでしょうか?
まず、自宅を事務所とすればよいので、行政書士登録費用の20万くらいで、 初期費用はかかりません。 もちろんパソコンやプリンター、事務用品は必要です。
しかし、それは今あるものを使えばよいですし、買ったとしても微々たるものです。 それにはじめは一人でやると思いますので、人件費などの月額固定費はかからず、 30万売り上げたとしたら、それがほとんど自分の収入になります。

このように考えれば独立するといっても会社員と比べそんなにリスクの差はないはずです。 しかも会社員では、年収が1千万円超えることは、今の時代では中々ありませんが、 行政書士として独立すれば十分に可能性があります。
現にそういった人がたくさんいることも事実なのです。

もし、行政書士の資格を取得したなら、是非独立開業を目指してください。 きっと新しい人生が切り開けると思います。